2020年11月

価値ある行い

私たちが真の神に立ち返り、主を信じてその御言葉に従って生きていく時、主はしっかり私たちを支え、力強い御手でその歩みを導いてくださいます。主を信じる者の生活には神の愛が宿っていますから、その生活には力があります。ですから信仰を持つということは力ある生活をすることでもあります。

新しいものが生じた

私たち、主を信じる者は皆、主の霊によって新たに生まれた者です。主なる神は信じる者一人ひとりの人生を豊かに祝福し、日々新しい命を与えて、助け導いていてくださいます。「(17節)キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた。」とあるとおりです。ここで「キリストと結ばれる人」とありますが、主なる神を信じる者は、神との交わりを回復された者、神と結ばれた者なのです。

あふれるほどのキリストの祝福

初めに本日箇所の概要を見ておきましょう、使徒パウロは、長いことローマ行きを願い続けてきましたが、“いよいよその時が来た”と思いつつも、はやる気持ちを抑えながら、イスパニアへ行く途中でそちらに立ち寄ります、と告げます。しかし、その前に自分には果たさなければならない大仕事があります。それはエルサレム行きです。そのことを無事に済ませてから、そちらに行きます。どうかそのためにも、わたしと祈りを共にしてください、との懇願をもって閉じている、それが本日箇所です。段落的には、自身の行動予定を初めの22節~29節に、そして、祈りについてのお願いが、後半の30節~33節となっています。

あなたのパンを水の上に流せ

コヘレトの言葉には印象的な多くの言葉がありますが、その一つが今お読みいただいた「あなたのパンを水に浮かべて流すがよい。月日がたってから、それを見いだすだろう。」(11章1節)という御言葉です。これは無償の愛を比喩で教え、その実践を促しているものです。イエスはこの無償の愛を、人のなすべき最優先概念として教え、自らそのとおり実践しました。その愛は代償を求めない愛で、キリスト教はこのイエスの無償の愛の教えに基づいています。ギリシャ語では愛の概念を、アガペー(無償の愛)エロス(性愛)フイリア(友愛)ストルゲ-(家族愛)と分けて考えていますが、その中でもアガペーの愛は、その対象の如何を問わず、主体的に積極的に相手を尊重する愛のことです。