ルカによる福音書

天に宝を積む

ルカによる福音書 12章13~34節 牧師 永田邦夫     本日もルカによる福音書からのメッセージをご一緒に聞いて参りましょう。早速ですが冒頭13節は、「群衆の一人が言った。」との書き出しで、前の段落との繋がりを示していますので、そのことを先に見ておきましょう。

聖霊の助け

ルカによる福音書 12章1~12節 牧師 永田邦夫      2024年の年頭から能登地方を震源とする巨大地震があり、また世界で続いています戦争も未だ止むことを知らず、本当に厳しい年の幕開けとなりました。斯様な中でわたしたちに出来ることは、「この世界が、そして日本が、神のみ旨に沿って歩み、少しでも良くなっていくように」と祈り続けることです。

すべての民の大きな喜び

ルカによる福音書 2章8~20節 牧師 常廣澄子        皆さん、クリスマスおめでとうございます。厳しい社会状況の中ですが、今年もこのように、ご一緒にクリスマス礼拝をお捧げできますことを心から感謝いたします。  日本も例外ではありませんが、今、世界情勢は誠に危機的なところに置かれています。世界の各地で戦争や争いが止まず、連日、尊い命が奪われています。日々報道されるこれらの悲惨なニュースに私たちの心は痛み、悲しみとやり場のない怒りで満ちています。そのような中で迎える今年のクリスマスです。世界中の人達にとって、今まで以上に平和を願い、神の救いを願う気持ちが強くなっているように思います。神の御子がこの世にお生まれになったというこのクリスマスの出来事は、二千年前に、神がこの人間社会に介入されたという、驚くべき出来事ですが、神の御子は今、この時にも私たちのところに来ておられること、神にある平和はここにあるのだということを御言葉から聞いていきたいと思います。

神は内側も造られた

ルカによる福音書 11章37~54節 牧師 永田邦夫     待降節の第三週の主日礼拝を迎えまして、アドベント・クランツにはローソクが三本灯され、明るさも増しております。この灯は「世の光」として来られたイエス・キリストの象徴でもあります。本日の説教箇所の初めの37節が、「イエスはこのように話しておられたとき」と始まっていて、この段落は直前の「体のともし火は目」の箇所とも内容的に関連があることが分かります。それを先に見ていきましょう。

神の国の到来

ルカによる福音書 11章14~28節 牧師 永田邦夫     本日もご一緒に、引き続きルカによる福音書からのメッセージをお聞きして参りましょう。 本日箇所に入りますと、その冒頭14節aは 「イエスは悪霊を追い出しておられたが、それは口を利けなくする悪霊であった。」 と、主イエスが日常的に、悪霊追放による病気の癒しを行っておられたことを伺わせる記述です

求める者への約束

ルカによる福音書 11章5~13節 牧師 永田邦夫      本日も皆さんとご一緒にルカによる福音書からのメッセージを聞いて参りましょう。 新共同訳聖書には、11章1節から13節まで、「祈るときには」の小見出しがついていますので、この箇所全体が、“祈りについての箇所”であることが分かります

主の祈り

ルカによる福音書 11章1~4節 牧師 永田邦夫        本日も、主の日の礼拝に共に招かれましたことを感謝いたします。そして本日も引き続いて、ルカによる福音書からのメッセージをご一緒にお聞きして参りましょう。本日は、「主の祈り」について、皆さまと共に考え、そして分かち合うことができますようにと、願っております。

善いサマリア人

ルカによる福音書 10章25~37節 牧師 永田邦夫     わたしたちが今過ごしておりますこの8月は、わたしたち日本人にとりまして、原爆記念日、そして敗戦記念日があり、「平和についての思いを一層深くするとき」です。テレビや新聞では、そのことが連日、伝えられてきました。わたしたちキリスト者にとっては、主なる神、そして、キリストにある平和に思いを深くしていくときです。

聖霊による喜び

ルカによる福音書 10章17~24節 牧師 永田邦夫     本日も、ルカによる福音書からのメッセージをご一緒にお聞きして参りましょう。 主イエスさまのご生涯での伝道は、御自身の十字架と復活の予告を分岐点として、その前後で、大きく変わっていきます。そして、十字架と復活予告後の福音伝道に関する記事は、ルカによる福音書だけの独自記事としても、その多くが記されております。それは、このルカによる福音書が世界伝道を視野に入れながら、執筆され、ローマの高官テオフィロあてに献呈されている(本書の冒頭に記されています)ことからも理解できます。

待つ、父

ルカによる福音書 15章11~32節 シンガポール国際日本語教会牧師 伊藤世里江       昨年11月に伊藤が志村教会に来てから、半年余りの間に、教会の大切な方々を続けて、天に送る経験をされたことを思います。シンガポールでも、訃報の連絡が入るのですが、その時に、なになにさんは、天の家にお帰りになりましたというように書かれてきます。Went back to Home 家に帰る、地上の仮の住まいから、永遠の天の住まい、家賃の心配も、雨漏りも心配しなくていい、契約更新の必要もない、天の永遠の住まいへと居を移す。クリスチャンの地上での別れのとらえ方は、悲しく寂しいけれども、ポジティブです。辛いけれども絶望ではない。地上では辛いことも次々と経験する。しかし、どっこい、それは絶望で終わることはない。その先の永遠の希望へと導かれていく。天に帰ると考えるときに、わたしが思う聖書の箇所は、いわゆる放蕩息子の帰郷の箇所です。